研究業績/論文

論文誌

  1. Shin Katayama, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, Tadashi Okoshi, Jin Nakazawa, and Nobuo Kawaguchi, ER-Chat: A Text-to-Text Open-Domain Dialogue Framework for Emotion Regulation, IEEE Transactions on Affective Computing, 2022.

  2. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Safe Intersection Management with Cooperative Perception for Mixed Traffic of Human-Driven and Autonomous Vehicles, IEEE Open Journal of Vehicular Technology (OJVT), 2022.

  3. Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi, Peter Steenkiste and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Time-Sensitive Cooperative Perception for Real-Time Data Sharing over Vehicular Communications: Overview, Challenges, and Future Directions, IEEE Internet of Things Magazine (IoTM), 2022. (Accepted)

  4. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Cyber Traffic Light: Safe Cooperation for Autonomous Vehicles at Dynamic Intersections, IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems (T-ITS), 2022. (Accepted)

  5. Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, RobotNEST: Towards a Viable Testbed for IoT-enabled Environments and Connected and Autonomous Robots, IEEE Sensors Letters, 2022. (Accepted)

  6. Hitoshi Matsuyama, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, and Nobuo Kawaguchi, Deep Learning for Ballroom Dance: A Performance Classification Model with Three-dimensional Body Joints and Wearable Sensor, IEEE Sensors Journal, Dec 2021.

  7. 庄子和之,青木俊介,米澤拓郎,河口信夫,大規模ユーザの滞在情報に基づくエリアの特徴付けと COVID-19 による影響分析,情報処理学会 論文誌,2021年10月.

  8. Shunsuke Aoki, Chung-Wei Lin, and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Human-Robot Cooperation for Autonomous Vehicles and Human Drivers: Challenges and Solutions, IEEE Communications Magazine, July 2021. [pdf]

  9. Shunsuke Aoki, Kaoru Sezaki, Nicholas Jing Yuan, and Xing Xie, BusBeat: Early Event Detection with Real-Time Bus GPS Trajectories, IEEE Transactions on Big Data, vol. 7, no. 2 , 2021.

  10. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, CSIP: A Synchronous Protocol for Automated Vehicles at Road Intersections, ACM Transactions on Cyber-Physical Systems, vol. 3, no. 3, pp. 1-25, 2019. [pdf]

  11. Anand Bhat, Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Tools and Methodologies for Autonomous Driving Systems, Proceedings of the IEEE, vol. 106, no. 9, pp. 1700-1716, 2018.

  12. Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, Negative Surveys with Randomized Response Techniques for Privacy-aware Participatory Sensing, IEICE Transactions on Communications, Vol. E97-B, No. 4, pp. 721-729, Apr 2014.

  13. 青木俊介, 岩井将行, 瀬崎薫, 参加型環境センシングを用いた統計情報構築のための プライバシー保護手法, 電子情報通信学会 論文誌B, Vol J97-B, No. 1, pp. 41-50, Jan 2014.


主な国際会議論文

    1. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, A-DRIVE: Autonomous Deadlock Detection and Recovery at Road Intersections for Connected and Automated Vehicles, IEEE International Conference on Intelligent Vehicles (IEEE IV), 2022. (To appear)

    2. Takuto Yoshida, Kazuma Kano, Keisuke Higashiura, Kohei Yamaguchi, Koki Takigami, Kenta Urano, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, A Data-Driven Approach for Online Pre-impact Fall Detection with Wearable Devices, The 3rd International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC), 2021.

    3. Yoshiteru Nagata, Daichi Murai, Shin Katayama, Urano Kenta, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, Estimating and Leveraging Latent Social Demand Based on IoT Sensors: An Empirical Study in a Large Public Park, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU), 2021.

    4. Takuto Yoshida, Urano Kenta, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, RGNet: Robust Gravity Estimation Neural Network for IMU-Based Localization Using Smartphone, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU), 2021.

    5. Naoki Tamura, Kenta Urano, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, Synthetic People Flow: Privacy-Preserving Mobility Modeling from Large-Scale Location Data in Urban Areas, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU), 2021.

    6. Hong Duc Nguyen, Shunsuke Aoki, Yuuki Nishiyama, Kaoru Sezaki, A Run-time Dynamic Computation Offloading Strategy in Vehicular Edge Computing, IEEE 94th Vehicular Technology Conference (IEEE VTC2021-Fall), Online, 2021.

    7. Zengyi Han, Hong Duc Nguyen, Shunsuke Aoki, Yuuki Nishiyama, and Kaoru Sezaki, MiMoSense: An Open Crowdsensing Platform for Micro-Mobility, IEEE International Conference on Intelligent Transportation Systems (IEEE ITSC), 2021.

    8. Hidenaga Ushijima, Helinyi Peng, Shunsuke Aoki, Yuuki Nishiyama, and Kaoru Sezaki, An Unsupervised Learning-based Approach for User Mobility Analysis of E-Scooter Sharing Systems, IEEE International Conference on Intelligent Transportation Systems (IEEE ITSC), 2021.

    9. Shunsuke Aoki, Lung En Jan, Junfeng Zhao, Aanand Bhat, Chen-Fang Chang, and Ragunathan (Raj) Rajkumar, MultiCruise: Eco-Lane Selection Strategy with Eco-Cruise Control for Connected and Automated Vehicles, IEEE International Conference on Intelligent Vehicles (IEEE IV), 2021. [preprint]

    10. Yuto Fukushima, Yusuke Asai, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, DigiMobot: Digital Twin for Human-Robot Collaboration in Indoor Environments, IEEE International Conference on Intelligent Vehicles (IEEE IV), 2021.

    11. Nozomi Hayashida, Hitoshi Matsuyama, Shunsuke Aoki, Takuro Yonezawa, and Nobuo Kawaguchi, A Gaze-based Unobstructive Information Selection by Context-aware Moving UI in Mixed Reality, International Conference on Human-Computer Interaction (HCII), 2021.

    12. Shunsuke Aoki, Lung En Jan, Junfeng Zhao, Anand Bhat, Ragunathan (Raj) Rajkumar, and Chen-Fang Chang, Co-simulation Platform for Developing InfoRich Energy-Efficient Connected and Automated Vehicles, IEEE International Conference on Intelligent Vehicles (IEEE IV), 2020. [preprint]

    13. Shunsuke Aoki, Takamasa Higuchi, and Onur Altintas, Cooperative Perception with Deep Reinforcement Learning for Connected Vehicles, IEEE International Conference on Intelligent Vehicles (IEEE IV), 2020. [preprint]

    14. Lung En Jan, Junfeng Zhao, Shunsuke Aoki, Anand Bhat, Chen-Fang Chang, and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Speed Trajectory Generation for Energy Efficient Connected and Automated Vehicles, ASME Dynamic Systems and Control Conference (DSCC), 2020. [pdf]

    15. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, V2V-based Synchronous Intersection Protocols for Mixed Traffic of Human-Driven and Self-Driving Vehicles, IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (IEEE RTCSA), 2019. [pdf] Best Paper Nominee

    16. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, Dynamic Intersections and Self-Driving Vehicles, ACM/IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems (ACM/IEEE ICCPS), 2018. [pdf]

    17. Shunsuke Aoki, Kaoru Sezaki, Nicholas Jing Yuan, and Xing Xie, An Early Event Detection Technique with Bus GPS Data, ACM International Conference on Advances in Geographic Information Systems (ACM SIGSPATIAL GIS), 2017. [pdf]

    18. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, A Configurable Synchronous Intersection Protocol for Self-Driving Vehicles, IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (IEEE RTCSA), 2017. [pdf]

    19. Shunsuke Aoki and Ragunathan (Raj) Rajkumar, A Merging Protocol for Self-Driving Vehicles, ACM/IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems (ACM/IEEE ICCPS), 2017. [pdf]

    20. Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, Democratic Privacy: A Protocol-hidden Perturbation Scheme for Pervasive Computing, IEEE International Conference on Communications (IEEE ICC), 2016. [pdf] [slide]

    21. Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, Interfaces for Defining the Privacy of Sensor Data based on Users' Preferences, ACM International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile), 2015.

    22. Shunsuke Aoki and Kaoru Sezaki, Privacy-Preserving Community Sensing for Medical Research with Duplicated Perturbation, IEEE International Conference on Communications (IEEE ICC), 2014.

    23. Shunsuke Aoki, Hill Hiroki Kobayashi, Kaoru Sezaki, Cicada Fingerprinting System: From Artificial to Sustainable, International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM), pp.1-4, 2013.

    24. Shunsuke Aoki, Masayuki Iwai, and Kaoru Sezaki, Limited Negative Surveys: Privacy-Preserving Participatory Sensing, IEEE International Conference on Cloud Networking (IEEE CLOUDNET), 2012. [pdf]


国内会議論文

  1. 青木 俊介,完全自動運転を目指したEnd-to-End自動運転ソフトウェアと協調走行システムの開発,電子情報通信学会 高信頼制御通信研究会(RCC),2022年7月.(依頼講演)

  2. 瀧上 昂希,浦野 健太,青木 俊介,米澤拓郎,河口信夫,屋内空間でのロボット配送システムにおける効率的な運用方法,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,20227月.

  3. 東浦 圭亮吉田 拓人加納 一馬瀧上 昂希山口 公平浦野 健太青木 俊介米澤拓郎河口信夫,慣性センサを用いた機械学習による転倒動作検知に関する研究,人工知能学会 社会におけるAI研究会 (社会システムと情報技術研究ウィーク) 1-8 2022年3月.

  4. Hong Duc Nguyen, Shunsuke Aoki, Yuuki Nishiyama, and Kaoru Sezaki, An Online Task Offloading Strategy in Vehicular Edge Computing, IEICE Society Conference, 2021 July.

  5. 永田 吉輝,村井 大地,片山 晋,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,IoTに基づく潜在的社会需要の推定と柔軟なサービス需給交換基盤,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,1A-420217月.

  6. 田村 直樹,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,都市を対象とした大規模移動履歴に基づく疑似人流データ生成手法,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,1D-420217月.(優秀論文賞、優秀プレゼンテーション賞)

  7. 福島 悠人,浅井 悠佑,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,時空間ルーティングを用いた複数自律移動ロボットの協調走行,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,4A-320217月.

  8. 村井 大地,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,大規模公園環境におけるWiFiパケットセンサデータの利活用に関する分析と課題,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,4C-120217月.

  9. 吉田 拓人,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,加速度の時空間情報を考慮した進行方向推定手法の検討,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,5B-120217月.(優秀論文賞、優秀プレゼンテーション賞)

  10. 挺屋 友幹,片山 晋,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,Transformerモデルを用いた人流の時系列予測,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,5B-220217月.(優秀論文賞、優秀プレゼンテーション賞)

  11. 戸出 悠太,片山 晋,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,泉 智博,荻野 淳,小山 信之,太田 智浩,赤外線グリッドセンサを用いた深層学習での人の位置推定手法の検討,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,5B-320217月.(優秀論文)

  12. 下里 浩昇,片山 晋,浦野 健太,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,自律移動ロボットのセンサ機器を用いた人流推定手法の提案,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2021) シンポジウム,7C-120217月.

  13. 挺屋 友幹,青木 俊介,米澤 拓郎,河口 信夫,時間・空間的相関を考慮した人流の時系列予測手法,情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム (UBI) 研究会,20213月.

  14. 牛島 秀暢,青木 俊介,西山 勇毅,瀬崎 薫,Non-Negative Tensor Factrization を用いたドックレス型マイクロモビリティの利用形態分類手法の検討,情報処理学会 高度交通システムとスマートコミュニティ (ITS) 研究会,pp. 1–820205月.(ITS研究会 優秀発表賞)

  15. 松野 有弥,青木 俊介,伊藤 昌毅,瀬崎 薫,時変動する動的な人口密度分布を考慮した位置プライバシ保護に関する性能評価と課題の検討,情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 (MBL),115,73-79,2015年5月.

  16. 坂本 敬太,青木 俊介,伊藤 昌毅,瀬崎 薫,参加型センシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の提案と評価,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム,4G-220147

  17. 青木 俊介,瀬崎 薫,摂動化を用いた多次元データに対するプライバシー保護データマイニング,電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会 (ASN) 20145(招待講演)

  18. 坂本 敬太,青木 俊介,伊藤 昌毅,瀬崎 薫,参加型センシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の検討,電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会(HPB)20142

  19. 木田 裕一朗,奥野 淳也,青木 俊介,小林 博樹,岩井 将行,瀬崎 薫,リーセンシー効果を用いた適応型屋外広告配信のための興味センシング電子情報通信学会 HCGシンポジウム,B-7-1201312.

  20. 木田 裕一朗,奥野 淳也,青木 俊介,瀬崎 薫,携帯端末を用いたTVコンテンツ推定によるユーザの興味センシング,電子情報通信学会 モバイルネットワークとアプリケーション研究会 (MoNA)201311.

  21. 青木 俊介,小林 博樹,近藤紀子,塚原直樹,瀬崎薫,スマートフォン搭載のGPSとマイクを用いた都市圏における野鳥観察手法の提案,日本鳥学会 2013年度大会,20139.

  22. 重田 航平,青木 俊介,劉 広文,瀬崎 薫,岩井 将行,ユーザ参加型センシングアプリにおいて計測者の人為的ミスを軽減する改良手法,第12回情報科学技術フォーラム FIT 2013M-01820139.

  23. 青木 俊介,劉 広文,清水 和人,岩井 将行,瀬崎 薫,ユーザ参加型環境センシングにおける効率的なシステム運用モデルの構築とユーザ分析,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,8G-420137. 優秀プレゼンテーション賞 受賞

  24. 重田 航平,青木 俊介,劉 広文,岩井 将行,瀬崎 薫,モバイル端末を用いたユーザ参加型環境センシングにおけるデータ欠損の検知および処理に関する考察,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム,2A-420137. ヤングリサーチャ賞 受賞

  25. 皆川 昇子,青木 俊介,中澤 仁,徳田 英幸,プライバシー保護に配慮したユーザの地理的分布推計手法,電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)20135.

  26. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,ユーザ参加型環境センシングにおける状態依存型プライバシー保護手法,電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)20135. 若手研究奨励賞 受賞

  27. 青木 俊介,劉 広文,岩井 将行,瀬崎 薫,ユーザ固有の雑音を考慮する参加型環境センシングのデータ校正手法,情報処理学会 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム,2013-UBI-38no.18pp.1-720135.

  28. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,ユーザ参加型センシングにおいてプロファイル情報を対象としたプライバシー保護手法の検討,電子情報通信学会 総合大会,B-19-5020133.

  29. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,既知データ分布に対する個人情報保護を考慮したユーザ参加型センシングに関する検討:電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 112no.466LOIS2012-83pp. 83-8820133.

  30. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,個人情報保護を考慮した空間情報構築手法の検討,電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 112no. 430IA2012-82pp. 73-7820132.

  31. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,参加型センシングのための携帯端末上でのプライバシー保護の検討,HPBシンポジウム2012P14201211.

  32. 青木 俊介,岩井 将行,瀬崎 薫,多次元データに対するNegative-Surveyを用いたプライバシー保護手法の検討,電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-19-520129.


主な受賞歴

  • 2012年10月 東京大学 情報理工学研究科 若手海外派遣プログラム 採択

  • 2012年11月 IEEE CLOUDNET Best Short Paper Award Candidate

  • 2013年5月 電子情報通信学会 ASN研究会 若手研究奨励賞 受賞

  • 2013年7月 情報処理学会 DICOMO 優秀プレゼンテーション賞 受賞

  • 2014年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1) 採択

  • 2015年1月 電子情報通信学会 ASN研究会 センサアプリケーションアイデアコンテスト 入賞 [報告記事]

  • 2015年3月 公益財団法人 電気通信普及財団 テレコムシステム技術学生賞 受賞

  • 2015年9月 公益財団法人 船井情報科学振興財団 Funai Overseas Scholarship 採択

  • 2015年9月 Carnegie Institute of Technology Dean's Fellowship 採択

  • 2019年8月 IEEE RTCSA 最優秀論文賞 ノミネート

  • 2021年6月 安藤博記念学術奨励賞 受賞

  • 2022年1月 高柳健次郎研究奨励賞 受賞

  • 2022年2月 船井研究奨励賞 受賞

  • 2022年3月 公益財団法人 電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞 奨励賞 受賞